おうちの買い方

一戸建て分譲住宅の買い方をだいたい説明しています

目次

サイト内検索

おうちの買い方 > 第6章 買うならどっち? > 

4 注文か分譲か…

 注文か分譲か…これも難しい選択ですね。まず、双方のメリットをまとめて見ましょう。


★注文住宅の場合

  • 好きな家を建てられる。
  • 間取りを自由に決められる。
  • 注文のほうが安く家を建てられる。

★分譲住宅の場合

  • 完成品を見て決められるので安心。
  • 価格が決まっているので安心。
  • 分譲のほうが安く家を建てられる。

 注文住宅のメリットは、なんと言っても自分の好きな家を建てることができ、間取りも自分で決められるところにあります。しかし、本当に自分の思い描いた家を建てることができるでしょうか。

 家を建てるにあたり、いろいろな法令上の制限があることを忘れないでください。用途地域だとか、斜線制限だとか、高さ制限だとか、日影規制だとか、外壁後退だとか…いろいろな制限があります。特に土地が小さい場合は、いろいろな制限にひっかかって結局ありきたりな家になってしまうということがあります。しかしそれでも、自分の選んだ設備や建具、クロス、屋根、外観にすることができるので、分譲住宅に比べればはるかに自由です。


 一方の分譲住宅のメリットは、完成した家を直接見て選べるというところにあります。注文住宅だと完成するまで不安が残りますし、完成後、間取りの失敗に後悔するかもしれません。


 分譲住宅といっても、最近は主婦の目線に立った設計ということで、使い勝手がよくなっていたり、家事設備が充実していたりします。また、さまざまなコンセプトの家が建てられるようになり、画一的なイメージは払拭され、選択の幅も広まっています。

 しかし、分譲住宅の購入は早いもの勝ちなので、家が完成する前に購入する場合もあります。それ故、注文住宅と同様に不安や後悔が残るかもしれません。なので、購入前に売主にどういう家になるのか、しっかり聞いておくことが必要です。

 ただ、購入が早ければ、間取りや窓の位置などは変えられませんが、設備や建具、クロス、外観などは自分で選ぶこともできる(会社によりますが…。)ので、メリットもあります。

 さて、双方に「安く家を建てられる」と書きましたが、双方において、こっちのほうが安いはずと思っている方がいるのでそう書きました。しかし、実際は、建ててみないとわからないというのが正解だと思います。


 注文住宅の場合、1坪あたり○○万円という表記をしていることが多いですが、この○○万円×延べ床面積で計算すると、「へぇ?家ってこんなもんで建てられるんだ」「土地と合わせてもその辺の分譲住宅の価格より相当安いな」と思うはずです。本当にその値段で建てられればいいのですが、たぶん無理だと思います。

 その値段は、本当の意味で「家」(ハコ)の値段でしかない場合がほとんどです。何が言いたいのかというと、その値段に、ユニットバスやキッチン、便器、窓、それらの設置費用、配管工事費用、外構工事費用などが含まれているかどうか確認する必要があるということです。それらがオプションになっていて、別途費用がかかるとなれば、値段は当初より大幅にアップしてしまいます。

 また、確認申請費用や諸検査費用なども自分持ちになりますし、仕様のグレードをアップさせたりオプション設備をどんどん追加したりすれば、結局高くついてしまいます。分譲住宅のほうが安かったということもありえるのです。

 ただ、「自分で決めるということに意義がある」と考えている方は、どちらにしろ注文住宅しか検討しないと思いますが…。


 一方分譲住宅では、メリットのところにも書きましたが、全部まとめていくらというように価格が決まっているので、安心といえば安心です。

 また、分譲住宅の場合、何戸か分の建築資材を一括購入、一括納品できるので、その分建築コストが下がり安く買えるという場合もあります。が、それは施工する会社などによって異なります。

 ただ、その分譲住宅に自分が欲しいと思っていたものが付いてないということがありますので、そのままで納得するのか、オプションで付けるのか、付いている分譲住宅を探すのか…考えることは尽きません。

PR
サイト内検索

おうち検索サイト
お役立ちリンク
PR